1. ホーム > 
  2. 会社情報 > 
  3. 沿革

沿革

株式会社萬富の沿革です。

西暦 元号 萬富の出来事 世相
1845 (弘化2年) 本所五つ目にて初代小山富蔵が
木材商萬屋富蔵<萬富>を創業
天保の改革
1853 (嘉永6年) 御台場工事の帳付けを手伝う ペリー来航
1866 (慶応2年) 亀戸に本店新築 明治維新
1904 (明治37年)   日露戦争
1914 (大正3年) 三代目 小山富蔵 材木業拡大により秋田杉杉山取得、
本所銀行(同業社銀行)頭取に就任、亀戸近辺の地所を拡大
第一次世界大戦
1923 (大正12年) 震災では本店焼失せず、
震災復興により材木業伸長
関東大震災
1935 (昭和10年) 四代目 小山富蔵 小山合名会社設立 
電線ドラムなどにより材木業伸長
 
1941 (昭和16年)   太平洋戦争
1945 (昭和20年) 東京大空襲で本店焼失  
1952 (昭和27年) 戦後復興、自動車社会の到来を予見し、
株式会社亀戸自動車練習所設立
朝鮮戦争特需
1953 (昭和28年) 合名会社萬富本店より木材部門を分離し、
有限会社萬富本店を設立
不動産部門は小山合名会社(萬富本店を改称)が承継
 
1964 (昭和39年)   東京オリンピック
1966 (昭和41年) 住宅建設工法の変革、輸入材の伸長をうけ
創業来120年にして材木業を閉業し、
不動産業、自動車教習所を主事業とする。
いざなぎ景気
1968 (昭和43年) 小山合名会社、有限会社萬富本店、
株式会社亀戸自動車練習所を合併、
株式会社萬富に変更
 
1971 (昭和46年) 自動車教習所部門を分離、
株式会社総武自動車教習所を設立
 
1974 (昭和49年) マントミテニスクラブ開業、アーバンハウス開業 第一次オイルショック
1978 (昭和53年) 五代目 小山冨士夫 市ヶ谷ビル開業 成田空港開港
1984 (昭和59年) マントミパークハウス開業 バブル景気
1990 (平成2年) 亀戸一丁目旧萬富本店跡地に第二萬富ビル開業 バブル崩壊
2009 (平成21年) 萬富亀戸駅前ビル開業  
2011 (平成23年) 住友不動産永田町ビル取得 東日本大震災
2013 (平成25年) 六代目 小山敦
ル・シヤージュ神宮前取得
 
2015 (平成27年) 創業170周年記念パーティーを銀座交詢社にて開催 北陸新幹線開業
2016 (平成28年) 子育て応援事業へ業務拡大
ベネッセ菊川北保育園 開業
ネウボーノ菊川 開業
 

このページのトップへ